• 食育
  • 離乳食
  • 2019.10.25

離乳食の定番食材“にんじん”を使った【中期・後期・完了期レシピ】

山本二季さん

158

view


生後5・6カ月ごろから始まる離乳食。「食べる」ことの基礎をつくる大切な時期ですが、意外と準備が大変だったり、いつからどの食材を食べさせていいのかわからなかったり…、結局いつも同じメニューになってしまいがちですよね。

そこで今回は、離乳食初期から登場する定番食材“にんじん”を使ったレシピを、モグモグ期・カミカミ期・パクパク期に合わせて料理研究家の中村陽子さんに教えていただきました。
食材に迷ったときも、初期のゴックン期から食べさせられるにんじんなら安心です!

離乳食の定番野菜No.1「にんじん」

離乳食スタートのとき、まず最初に食べさせるのは10倍がゆが定番ですが、2番手としてよく登場するのが“にんじん”

にんじんは甘みが強いので赤ちゃんも食べやすく、調理の簡単さや手に入りやすさなどママにとってもうれしい食材。アレルギーの心配も少ないので、初期から取り入れるのにぴったりなんです!

また、緑黄色野菜のにんじんには、β-カロテンやビタミンC、カリウムなど、栄養も豊富に含まれています。他の食材との食べ合わせの相性もいいので、成長してからも食べられるように、早いうちに味に慣れさせてあげたいですね☆

にんじんを使った時期別離乳食レシピ

毎日の離乳食づくりに嬉しい、にんじんを使ったレシピを、時期別にご紹介します。
時期は目安なので、お子さんの進み具合に合わせて、取り入れてみてくださいね♪

離乳食初期(生後5~6カ月ごろ)は…

にんじんはアレルギーの心配の少ない食材ですが、初めて与えるときは、念のためひとさじから始めましょう。
生後5~6ヶ月のゴックン期は、にんじんを茹でてすり潰し、裏ごししてペースト状にします。冷凍もできる食材なので、ペーストをつくったら、小分けにして冷凍保存を。

離乳食中期(生後7~8カ月ごろ)

離乳食中期になると、チーズなどの乳製品も食べられるように。なかでも、水分が多く臭みの少ないカッテージチーズは、離乳食にぴったりの食材です。
モグモグ期は、乳製品のアレルギーに注意が必要なので、初めて食べさせるときは「ひとさじ」から試しましょう。

にんじんとカッテージチーズのサラダ

<材料/分量(1食分)>
にんじん(小)  :1/4本(30g)
カッテージチーズ :小さじ1

<つくり方>
① にんじんは皮をむいて大きめに切って鍋に入れ、かぶるくらいの水を注いで火にかけて軟らかくなるまで茹でる。舌でつぶせるくらいの軟らかさを目安に、細かくつぶす。
② ①にカッテージチーズを加えて和える。

ここがポイント!

離乳食後期(生後9~11カ月ごろ)

3回食に進む離乳食後期は、手づかみ食べが始まるカミカミ期。赤ちゃんが持っても手が汚れにくい蒸しパンは、おやつとしてもおすすめ!
赤ちゃん用のホットケーキミックスも市販されているので、気になる方は活用してみてください。

キャロットヨーグルト蒸しパン

<材料/分量(直径6㎝の耐熱性のシリコンカップ2個分)>
にんじん(皮をむいてすりおろす) :大さじ1
ヨーグルト(無糖)        :大さじ1
ホットケーキミックス       :大さじ2弱(20g)
バター              :少量

<つくり方>
① ボウルににんじん、ヨーグルトを入れて混ぜ合わせ、ホットケーキミックスを加えてさらに混ぜ合わせる。
② シリコンカップにバターを薄く塗り、①を等分に入れる。600wのレンジで1分加熱。
③ 粗熱をとり、小さくちぎって食べさせる。

ここがポイント!

離乳食完了期(生後12~18カ月ごろ)

味付けを薄めにすれば、ある程度のものは食べられるようになってくる完了期。必要な栄養を食事から摂れるようになる分、授乳で補っていた鉄分を積極的に与えてあげたい時期です。また、パクパク期は手づかみ食べも上手になり、本格的に自分で食事ができるようになってきます。

にんじんの肉巻き

<材料/分量(1食分)>
にんじん    :40g(5cm長の棒状に切ったもの4本分)
豚もも薄切り肉 :2枚(20g)
片栗粉、バター :少々
水       :大さじ1/2
しょうゆ    :2滴

<つくり方>
① にんじんを鍋に入れ、かぶるくらいの水を注いで火にかけ、軟らかく茹でて粗熱をとる。豚肉は、脂身があれば取り除いて縦半分に切り、縦長に広げて片栗粉を片面にふる。
② 豚肉の片栗粉をふった面の端に、にんじんを横向きに置いて手前からくるくると巻く。表面に片栗粉を茶こしでふる。
③ フライパンを中火で熱してバターを溶かし、②の巻き終わりを下にして転がしながら火を通し、仕上げに水としょうゆを加えて煮からめる。

ここがポイント!

★離乳食レシピ監修


食べやすくて栄養も豊富なにんじん。常備野菜として冷蔵庫にあるという家庭も多いのでは?
同じ食材でも、離乳期の時期別につくり方を変えて食感の変化なども感じさせてあげましょう!
離乳食のレシピに困ったら、おうちにストックしてあるにんじんで、ぜひつくってみてくださいね。

アクセスランキング

東京都内・子連れ歓迎<10名以上OKの“大個室”>があるお店で懇親会も◎

七五三の準備、もうしてる? 準備リスト&当日の流れをチェック!

子どもが食物アレルギーを持つママたちへ

お弁当の“詰め方”で見映えがこんなに変わる!#ハンバーグのカラフル弁当

これ1品で食卓がにぎわう!おうちで楽しむ「ハロウィンパーティーレシピ」

関連記事

カテゴリ