• イベント
  • レシピ
  • 2017.12.22

『#ワンプレートおせち』の簡単盛り付けテク!

こどものヒトサラ編集部

2965

view


おせち料理を大量につくり、三が日が明けてもまだおせちが残っていたり、取り分け皿などの洗い物が大変だったり…、なんて経験ありませんか?お家でつくる最近のおせちは、お重スタイルよりも手軽な「ワンプレートおせち」がトレンド。家族ひとりずつ、好きな料理をちょっとずつ盛り付けるスタイルなら、長年のおせち問題も解決できちゃうかも!?簡単にSNS映えする「#ワンプレートおせち」の盛りつけ方のコツをお教えします♪

「#ワンプレートおせち」 のキーアイテムは可愛いサイズの〇〇…

『豆皿』と『豆小鉢』が欠かせないアイテム

◆豆皿

◆豆小鉢

「豆皿」「豆小鉢」は、手のひらにのるくらいのサイズのお皿や小鉢のことで、醤油皿などに使うイメージがありますが、子どものおやつをのせたり、アクセサリーを入れてインテリアとして楽しむなど…アレンジは無限!

なんとも言えない可愛さの「豆皿」と「豆小鉢」♪人気に火が付き、最近では100円ショップでも様々なデザインやカラーが豊富に揃い、気軽に買えるので、ついついコレクションしたくなっちゃいますね!

可愛いサイズの『豆皿』にハマる人急増中!

最近の「豆皿」は、ネコや魚などのかわいいデザインや、素材も陶器だけでなく、プラスティック、ウッドなど豊富に揃います。並べるだけであまりの可愛さにキュン…♪
「ワンプレートおせち」には、ひとり分の料理を盛り付けるので、「豆皿」はまさに最適!コーディネイトに自信がない人でも、おせち料理をちょこんとのせた「豆皿」を、プレートに並べるだけでオシャレに決まる必須アイテムなんです。

『豆小鉢』なら汁気のあるおせち料理に最適!

ちょっと深さのある「豆小鉢」は、昆布巻き・黒豆・紅白なますなど、汁気があるおせち料理には「豆皿」よりも「豆小鉢」がベター!普段でも可愛い「豆小鉢」なら、調味料や薬味をちょっと入れて食卓に出す時に便利です。
“たくさんの種類をちょっとずつ”食べさせてあげたい赤ちゃんにもぴったりなので、離乳食用の食器としてもママたちから重宝されています。

「#ワンプレートおせち」の
豆皿コーデをご紹介!

ウッド調の丸プレートに、“子どもも食べられる「おせちメニュー」”を盛り付け!

シンプルなおせち料理でも、流行りの猫モチーフのデザインなどの「豆皿」を組み合わせれば賑やかさがプラスされます。
「豆皿」と一緒に「小皿」を合わせたり、プレートに料理を直置きすれば、全体のメリハリもついて華やかに★

食べきれる量で取り分け皿も不要なので、後片付けも楽チン!「#ワンプレートおせち」はママにも嬉しいスタイルですね。

◆子どもも食べられる『おせちメニュー』◆


◆「海老のうま煮」(レシピ)
◆「はんぺん伊達巻」(レシピ)
◆「紅白なます」(レシピ)
◆「大豆のフリット」(レシピ)
◆「ごぼうの甘煮」(レシピ)

「豆皿」の替わりにこんなものも使える!

「豆皿」以外に、キャニスターの蓋ミニグラスなども料理を盛り付けてしまえば、立派な器として大活躍!!普段の食卓コーデにも生かせる“ちょっとした裏ワザ”です。

料理と同じで、器などのコーディネイトも“ほんのひと手間”加えるだけで、オシャレ感がグッとアップします。小さめのコースターや可愛いデザインのクッキングシートなどを敷くだけでも◎。

◆『WECK』キャニスターの蓋

◆透明のミニグラス


料理の無駄も少なく見た目もオシャレな「#ワンプレートおせち」は、SNSの投稿でも注目されそうですね♥

料理は、盛りつけや食器などのテーブルコーディネイトで大きく変身します!使い勝手の良い「豆皿」や「豆小鉢」は、可愛いデザインがたくさん売っているので要チェックです。
今年のおせちは、家族が食べきれる分だけをつくって、ちょっとずつ盛り付ける「#ワンプレートおせち」スタイルで!

皆さま、素敵なお正月をお迎えください…★


アクセスランキング

東京都内・子連れ歓迎<10名以上OKの“大個室”>があるお店で懇親会も◎

クリスマス限定コース★子連れで楽しめるクリスマスディナー【100本のスプーン】

ニューボーンフォトって何?出産直後に産院や自宅で撮影する“新生児写真”がブーム!

こどももパパも大満足!【クリスマスのメインレシピ11選】

子どもが食物アレルギーを持つママたちへ

関連記事

カテゴリ