• 食育
  • News
  • 2020.03.19

ママの笑顔と子どもの成長を応援する『なないろ栄養おだし』って?

Kie Inaba(5歳・1歳のママ)

217

view


2019年4月に発売された、ママの笑顔と子どもの成長を同時に叶える『なないろ栄養おだし』。このお出汁を使った食育セミナーが、好評につき第二弾も開催されました!
お出汁の開発に携わった監修者、小児科医、商品開発者が、それぞれの視点で考える“子どもの栄養と食育”をレクチャーする貴重な時間。『なないろ栄養おだし』を深く知ることができ、食育のヒントが満載でした!

『なないろ栄養おだし』とは?

  • 100%天然の「5つの国産食材だけ」でつくられた栄養満点のお出汁
  • 出汁だけで、子どもの成長に欠かせない「7つの栄養」がしっかり摂れる
  • 粉末状で個包装されているので、手軽でそのまま使える
セミナーではまず、『なないろ栄養おだし』を監修した料理研究家【もりくみこ】さんが、ご自身のモットーである“こだわるけど、とらわれない”の意味と、商品に込めた想いを話してくださいました。

もりさんのモットー
“こだわるけど、とらわれない”とは?

料理研究家【もりくみこ】さん

もりさんは、料理研究家として活動する中で、たくさんのママからこんな相談を受けてきたそうです。

「子どものために身体に良いものを食べさせたいけれど、忙しくて料理に時間が掛けられない」

「身体に良いから、玄米や発酵食品を取り入れたい。でも、子どもが全然食べてくれない…。」


もりさんは、ママたちの話を聞いて、「○○じゃなきゃ」という考えに“とらわれている”ママが多いことに気が付き、「いくら身体に良いものでも、ママが疲れてしまったり、子どもたちが我慢して食べたりして、ちゃんと栄養になるのだろうか?」と疑問に思ったそうです。

そこで、もりさんが考えたのは、 特定の考え方に捉われてつくったり、我慢して食べたりするよりも、ママも子どもも「あぁ、美味しかった!ごちそうさま!」で終えられる食事の方が、きっとつくり手の想いやパワーが伝わり、ちゃんと栄養が吸収されるだろうということ。
だからこそ、もりさんがこだわるのは、身体が美味しいと感じる、自分も家族も心地よいと思える食事です。
「なないろ栄養おだし」を監修するにあたっても、“こだわるけど、とらわれない”というモットーをベースに、美味しくて家族みんなが幸せになる商品をつくろうと心掛けたという、もりさん。
もりさんの“こだわるけど、とらわれない”という考えは、食育に悩むママたちにとっても貴重なアドバイスだと思いました。

子どもの成長発達と亜鉛の必要性

次に、子どもの成長発達と亜鉛の必要性について、小児科医【工藤紀子】先生が説明してくださいました。

亜鉛ってなに?

子どもの成長発達には、様々な栄養素が必要。その中でも、「亜鉛」という栄養素は、特に重要な栄養素なのだそう。

亜鉛を摂取したときの効果

  • 身長と体重が伸びる
  • 味覚を正しく維持する
  • 免疫機能の向上
  • 皮膚・髪を健康に保つ
  • 血をつくる
  • 性腺機能に必須
でも、私たちの体は「亜鉛」を体内でつくり出すことはできません。そのため、食べ物で亜鉛を摂取した上で、体内に吸収していくよう工夫する必要があるそうです。

通常の吸収率は30%ほどのようですが、近年の研究の結果、味噌に含まれる“ソヤサポニン”という物質が亜鉛の吸収率を高める効果があることが分かりました。
また、人間の体は、固体よりも液体の方が吸収しやすいため、『なないろ栄養おだし』をお味噌汁にして食べると良いそう。

小児科医【工藤紀子】先生

工藤先生のお話を伺って、子どもに必要な栄養素“亜鉛”は、毎日の食事で『なないろ栄養おだし』を使ったお味噌汁を食べることで、簡単かつ効果的に摂取できるようになることが分かりました。

「なないろ栄養おだし」を開発した背景

アンファー㈱ 商品開発部【柳生千恵】さん

最後に、アンファー株式会社 商品開発部【柳生千恵】さんが、『なないろ栄養おだし』を開発した背景を話してくださいました。

なぜ“お出汁”を開発したか?

開発のきっかけは、「手間・時間の両方において、お出汁をとることの大変さを身をもって体験したことだった」という柳生さん。

実際のお味は?

セミナーの途中で、『なないろ栄養おだし』そのものを試飲させていただいたところ、そのクセの無さにびっくり!

原材料5つのうち3つが魚だというお話を伺って、「魚の風味が強いのかな~」と勝手に想像していたのですが、ひと口飲んで驚きました!スッキリしていて、臭みもクセも一切なく、いろんな食材と合わせやすい味だと思います。

「なないろ栄養おだし」を使った栄養満点の冬弁当

セミナーの最後に、『なないろ栄養おだし』を使った、もりくみこさん考案の“栄養満点の冬弁当”をいただきました!

チキンナゲット、小松菜のお浸し、ふりかけに『なないろ栄養おだし』が使われていました。見た目も色鮮やかでどれも本当に美味しく、心もお腹も満たされるお弁当♪

特に、チキンナゲットは市販のものは添加物がいろいろ入っていて躊躇しがちですが、子どもはチキンナゲットが大好き!私自身、「安心できる材料でつくったチキンナゲットを食べさせたいけど、手づくりは手間が掛かりそう…」とジレンマを感じていましたが、『なないろ栄養おだし』を使えば簡単につくれるので、子どもたちも喜んでくれそうです!

味の決め手にもなる出汁は、毎日のように使うからできるだけ安心安全で美味しいものを使いたいですよね。
今回のセミナーを通して、『なないろ栄養おだし』はとても手軽で安心ということだけでなく、開発の背景から、ママの気持ちに寄り添い、子どもの成長を真剣に考えてつくられた商品だということがよくわかりました。

「身体に良いものを食べさせたいけど、料理に時間を掛けられない」と悩んでいるママは、ぜひ一度試してみてもらいたいです♪

アクセスランキング

妊婦のごはんに必要なことって?秋冬の旬食材でつくる妊婦ごはん3品

#1『子どもとの“おうち時間”の楽しみ方~ 親子クッキング ~』

妊娠中も授乳中も!家族みんなで美味しく飲めて身体にもいいルイボスティー♪

【ママ100人に聞きました!】#1「おうち遊び」なにしてる??

子どもの年齢別!「防災リュック」づくりのポイント

関連記事

カテゴリ